ゲームの面白さ追求がGameFiを救い、メインストリームに押し上げる=ブロックチェーンゲーム団体

2022 9月 28

アジア・ブロックチェーン・ゲーミング・アライアンス(ABGA)のエグゼクティブプレジデント、ケビン・シャオ氏は、GameFiをメインストリームに押し上げて弱気市場から救うには、いくつかの「トリプルA」ブロックチェーン・ゲームタイトルに期待していると語った。

アジア・クリプト・ウィーク期間中にコインテレグラフのインタビューに応じたシャオ氏は、メインストリームへの採用を阻む障害の1つとして、現在のGameFiタイトルが「ゲームパフォーマンス」やユーザーの楽しみを気にせず、非代替性トークン(NFT)やプレイ・トゥ・アーン(P2E)の機能に焦点を当てていることが多いと指摘した。

P2Eモデルでは、ゲーマーは通常、ゲームをプレイするためにNFTを購入し、その後、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、法定通貨、またはステーブルコインに変換することができるゲームトークンを獲得することができる。

シャオ氏は、現在のGameFiが多くの人にとって楽しいものであることは認めつつも、今後のタイトルがメインストリームとなるためには、さまざまなユーザーの嗜好に対応できる「バランス」が必要であると語る。

Executive President of the Asia Blockchain Gaming Alliance Kevin Shao in Singapore

彼の意見では、「既存のプロジェクトの系譜」から離れ、、開発者はメインストリームのゲーム業界からヒントを得ることで、利益のためではなく、「楽しむため」に遊びたい人のための機能を取り入れることができるようになる。

シャオ氏は、シンガポールで開催されたカンファレンスでのプレゼンテーションで、Illuvium、Phantom Galaxies、Big Timeなど、「トリプルA」タイトルにふさわしいと思われるタイトルを紹介した。

Illuviumはオープンワールドの探索型NFTクリーチャーコレクター&オートバトラーゲーム、Phantom GalaxiesはNFTでメカをカスタマイズするオンライン三人称RPG、Big TimeはNFTで武器や衣服をカスタマイズするモンスターハンティングアクションRPGだ。

シャオ氏は、「非常に優秀なチーム」と「投資家からの多額の資金」をバックに、少なくとも「最近の他のプロジェクトと比較して」「何か違うこと」ができる可能性があり、次のブルマーケットまでに強力なユーザーベースを構築できれば、GameFiにとってゲームチェンジャーとなる可能性があると述べた。シャオによると、「今年か来年には結果が出るだろう」という。

2021年11月25日にシンガポールで発足したアジア・ブロックチェーン・ゲーミング・アライアンス(ABGA)は、ゲーム業界の企業が共同スポンサーとなった非営利団体だ。

 

 

 

Source: https://jp.cointelegraph.com/news/3-blockbuster-titles-that-could-save-gamefi-abga-president