GameFiの進化、ユーザーエクスペリエンスの改善が不可欠に

2022 11月 08

GameFiの常に進化するモデルは、「今日のAAAゲーム会社をピーナッツのように見せることができる」。こう話すのは、Web3ゲームをパワーアップするマルチチェーンイーサリアムネイティブネットワークSkaleのジャック・オホレランCEOだ。実際、ブロックチェーンベースのゲームやメタバースプロジェクトは、仮想通貨業界の多くのプレイヤーの足を引っ張る弱気相場の中で回復力を見せており、DappRadarが報告したように、直近の四半期に13億ドルの資金調達が行われている

しかし、持続可能なGameFiモデルを見つけることは、依然として困難だ。ガス代やNFTの購入、所有、取引の複雑さなどが原因で、ユーザー体験は業界で最も大きな問題の1つとなっている。

オホレラン氏は、「取引やスマートコントラクトを起動するたびにユーザーに手数料を課すことは、プレイ意欲を減退させる」と指摘し、「マスマーケットにアピールするためには、ユーザビリティに関してやるべきことが山積みだ」と付け加えた。

DappRadarによると、ユーザビリティの課題はあるものの、Web3ゲームは前四半期に50のネットワークでブロックチェーンアクティビティの半分近くを占め、9月に限っては1日912,000のユニーク・アクティブ・ウォレットがゲームのスマートコントラクトと相互作用している。

最も一般的なゲーム内ビジネスモデルには、プレイヤーがトークンやNFT(非代替性トークン)などの報酬を獲得できるP2E(Play-to-Earn)と、P2Eをより詳細にしたプレイヤーに報酬の所有証明を提供してピアツーピアの取引を行うP2O(play-to-own)がある。Absolute Reportsの最近の分析では、今後6年以内にGameFiの大規模な成長が予測されており、P2Eゲームは2022年から2028年の間に28億ドルの評価になると推定されている。

「我々は、異なる流通メカニズムを持つ多くの異なる経済圏の誕生と、異なるトークンモデル(シングルトークン、ツートークン、NFT駆動型など)の発展を目撃している。オープンなグローバル市場において、それぞれが長期的にどれだけ適しているか、信頼できるかは、時間が経ってみないとわからない」とデルファイ・デジタルのリサーチアナリスト、ソニー・ツィオパニ氏はコインテレグラフに語っている。

仮想通貨ゲーム会社が業界で目立つようになる一方で、一部のスタジオはAAAゲーム(大手パブリッシャーが制作・配信する高予算で人気のゲーム)を参考に、ユーザビリティを向上させようとしている。

2020年に設立されたゲームスタジオGunzilla Gamesは、ゲームとブロックチェーンを組み合わせ、プレイヤーはゲーム内でNFTとして資産を所有することにより、キャラクターや武器のフルカスタマイズを利用できることを目指している。

Gunzillaの共同創業者兼CEOであるブラッド・コロレフ氏はコインテレグラフに対し、同社のゲーム体験への取り組みについて「ブロックチェーン関連の機能はすべてバックグラウンドに存在するため、ゲーマーはウォレットのセットアップやトークンのスワップなど、『通常の』仮想通貨関連のタスクを行う必要はない」と述べている。

「私たちは、GameFiが重要な岐路にあると見ている。一方では、GameFiは、次の10億人のユーザーを仮想通貨空間に引き寄せる信じられないほどユニークな能力を持っている(世界中にどれだけのゲーマーがいるかを考えると)。一方で、ゲーミフィケーションは従来のゲーマーに対応せず、ブロックチェーンとゲームのPlay-to-Earnの側面だけに重きを置いている」とも述べる。

 

Source: https://jp.cointelegraph.com/news/aaa-gaming-companies-will-look-like-peanuts-as-gamefi-evolves-skale-ceo